Webマーケティングについて

現在インターネットを活用していない人は20年前と比べて格段に数字が変わってきていることでしょう。
日本でインターネットが普及し始めたのが1990年代に入ってからです。
その過程でインターネットでは多くの広告を目にかけるようになりました。
当初はバナー広告に始まり、ワンクリック型の広告が流行りますが、クリック詐欺が横行したために、成果報酬型のアフィリエイト広告をとなっていきます。
その後は検索サイトでユーザーが何かを検索すると、上段に表示されるリスティング広告が主流となっています。
これらを総称してWebマーケティングといいます。

Webマーケティングの単語を2つに分けると「Web」と「マーケティング」になります。
「Web」は、蜘蛛の巣という意味合いがあり、サイトの構成やページの表現などが含まれるハイパーテキストシステムのことをいいますが、一般にはインターネット上のことを指します。
「マーケティング」は顧客のニーズを捉えて自社の発展につながるよう、ある目標に向かっていかに集客を重ねるかというビジネス手法です。

Webマーケティングとは、「Web」と「マーケティング」をひとまとめに行うことを指し、マーケティングを行った結果により、サイトの構成やページの表現というWebサイトの効率化を図ることを意味します。
通常のマーケティングでの集客を最適化するだけではなく、Webサイトを含めて最適化していくというのが、Webマーケティングとしての在り方です。



≪Recommend Site≫
マーケティングオートメーションを活用する方法を教えているサイトです … マーケティングオートメーション 方法